歯科検診の意味について考えてみよう

>

歯科定期検診の役割や効果とは

歯垢や歯石には虫歯菌が沢山存在している

虫歯の原因となる虫歯菌ですが、これらは歯についている食べカスの中に多数存在しています。
これらの食べカスは、歯科用語でいうと「歯垢」もしくは「プラーク」と呼ばれており、この「歯垢(プラーク)」が固まったものが「歯石」となります。
「歯垢」のうちならまだ柔らかいため、歯ブラシで十分取り除くことが出来ますが、「歯石」にまでなってしまうと歯磨きでは取り切れないので専用の機械で取り除く必要が出てくるのです。
歯科検診に行けば、虫歯や歯周病チェックの後、歯のクリーニングを受けることが出来ます。この時きれいに歯石を取り除くことが出来れば、虫歯菌の数を減らすことが出来るので、結果的に虫歯になる可能性を低くすることが出来るというわけです。

正しい歯磨き法を意識して磨き残しをゼロに

歯科検診では、ただ歯のチェックとクリーニングをするだけではありません。
クリーニングをすれば確かに虫歯菌は減りますが、それは一時的なもので、虫歯菌を完全に無くすことは出来ません。
虫歯菌が完全にゼロの口腔内の持ち主は、赤ん坊くらいのもので、食事をしている限り虫歯菌は毎日口腔内に生まれ続けます。
歯科検診では、クリーニングだけではなく、普段の歯磨き指導も行います。鏡を持ってもらい普段の磨き方を歯科医師や歯科衛生士に見てもらい、直すべきところはないかチェックしてもらうのです。
指摘されるのが恥ずかしいと思っても、間違ったまま歯磨きを続けて歯石が溜まり続け、歯科検診の度に歯石の溜まった歯を見てもらうのはもっと恥ずかしいのではないでしょうか。
多少の磨き残しは仕方がないですが、正しい歯磨き法を知り、それを実践して、磨き残しをゼロに出来るように心がけていきましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る